軽くて強いCFRPを用いることにより、部品の軽量化や薄型・コンパクトな部品の実現が可能になりますが、次のような金属との違いを良く理解した上で部品を設計すれば、よりスマートに、コストパフォーマンスに優れたCFRP部品を実現することが出来ます。

CFRPの際だった性能を活かす

  • 軽量で高強度・高剛性 [強度・剛性]
  • 低熱膨張       [熱膨張]
  • 高熱伝導/断熱    [熱伝導]

設計できる材料としての特長を活かす

  • 異方性(繊維配向) [材料設計]
  • 積層設計      [材料設計]

CFRPの製造方法を理解して形状を決める

  • 成形:型に沿わせて硬化させること   [形状・表面処理]
  • 積層:シートを積み重ねること     [形状・表面処理]
  • 加工:繊維と樹脂の複合材料であること [加工]

テックラボでは、継続的にカーボン・CFRP部品設計のコツを発信してまいります。
毎月1回程度を目安に新しい記事をメールマガジンにて配信致しますので、是非ご登録ください。

メール配信に登録して記事の更新通知等を受け取る

カーボン・CFRPの製造方法を理解して形状を決める

カーボン・CFRPの際だった性能を活かす

高品質なカーボン・CFRP製品を作る